読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイドルの背負うもの

アイドルはすべてを背負ってる。AKBの恋愛禁止条例が象徴的だが、アイドルは恋愛を背負うことは許されない。恋愛は不純物だ。愛だの恋だの歌にしていても、それをアイドルがすることは許されない。

彼女たちには処女性が求められてるし、それが純潔な精神とされる。どれだけ愛が美しいと謳われようと、アイドルにとってそれは不純なものにしかならない。なぜか?

これは、宗教的な面でも生物学的にも答えられる。答えを一つあげるなら愛は一人の人間に対して捧げられるものだからだろう。アイドルは大衆に支えられる。人に担ぎ上げられ祀り上げられて初めてアイドルになる。ファンは金を出すことでアイドルを支える。しかし、そこに無償の愛などというものはなく、あげたものに見合う対価を求める。祀り上げたのだからと、それに見合う報酬を求める。アイドルの場合それは幻想だ。

「あのアイドルと付き合えたら死んでもいいわ」

「あのアイドル、付き合ったら絶対めんどくさいタイプだよな」

こういう会話を幾度と無く聞いたことがある。中学生のときよくやった。アイドルは妄想の担い手になる。これは、現在のアイドルに要請される義務の一つだ。だからアイドルが一人の相手に愛を捧げることは許されない。許されるのはファンや家族に向けての愛だけだ。

加えて、アイドルな様々な綺麗事を背負っている。

世界が平和であることを願う、不幸な人が一人でも減ることを願う、人が傷つくことを嫌がる、波風が立つことを嫌う。純真で優しい存在であることをアイドルは期待される。

アイドルは人間だ。一人の人間である以上、ただ優しく純真であるわけがない。

現代人の多くは、この幻想が嘘であることを知っている。だが、それを破るアイドルがいたのならば批判が殺到する。もちろん、それが嘘であることを理解して受け入れている人は多くいる。しかし、アイドルという偶像が汚されてしまえば批判はとんでもなくやってくる。

公なものは純正でなければならない。これはアイドルだけではなく、政治家や芸能人にも求められる態度だ。

話を大きくしたくないのでアイドルの話だけに限定するが、私は、これが酷く歪なものに見える。キレイなだけではないことはみな知っているのに、それが表に出てきたら批判される。そのせいでアイドルはキレイであることを要請される。アイドルがそれを背負い苦悩する。それをアイドルの義務として、仕事なんだから我慢しろという論理は合わない。

そんなものを背負わせているから精神が追い込まれるアイドルがいる。こんな意味のないファンの綺麗事がアイドルが仮託され、それでアイドルが苦悩する。ときには潰れるものもいる。正論によって人が潰される。

私には全くふざけた話にしか思えない。正直、私はアイドルに心酔する気持ちが一切わからない。好きな芸能人などはいるが、その人が付きあおうと結婚しようとどうでもいい。祝う気持ちはあっても、罵倒する気持ちは全くない。

アイドル好きの言い分もわかる。おそらく好きな人に付き合ってほしくないような気持ちなんだろう。

しかし、現実性のないアイドルを思う気持ちがわからない。そんな遠い存在に恋をするのではなく、もっと身近な女性に恋をすればいいとしか思えない。

しかも、その身勝手な気持ちが現実にいるアイドルに迷惑をかけるのだ。恋愛問題で人生がめちゃくちゃになってしまったアイドルは数知れない(アイドルとしての失敗が人生の失敗と言いたいわけではない)。

仮想恋愛の偶像としてそこまでのし上がってきたのだから、それを破れば追放されるのは当然かもしれない。だが、現状はアイドルであるならば強制的にこのステージにあげられる。

この状況ですべてをアイドルのせいにするのは行き過ぎているように思う。だから、このステージ自体をぶち壊してほしいと私は思っている。

この綺麗事を背負うのはあまりにも重い。現実をよく理解している冷静な人間が多い現代に、この偶像はあまりにも現実とそぐわない。これを捨てられないほど、私たちが理性的でないと信じたくないものだ。