読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンドレスエイト

京アニ作品を見まくった今だからこそエンドレスエイトは見たい。

エンドレスエイト京アニ演出陣の集大成的な意味が強く、後世の歴史のうちに評価されるものであって決して放映時に評価されるためにつくられたものではないだろう。アニメオタクとして演出陣までチェックする人たちに向けてつくられたもので、比較検討を要する本エピソードは演出登竜門というべき価値がある。これは現状の頭打ち状態にあるアニメ市場を打ち破る一手になりうる策である。演出まで見れる客を増やしコアユーザーを増やせば市場は拡大する。

現在、重要なのはライトオタクと呼ばれる層をコアユーザーに引きこむことであり、エンドレスエイトは一つの方法を示した。後々、「エンドレスエイトを見て演出に興味を持った」という人がもし出てきたならば、そのときエンドレスエイトは再評価されるだろう。